介護予防・高齢者・健康経営の運動指導や講演会ならお任せください
コラム

体操豆知識

スクワット『膝がつま先より前に出ないように‥』は身体痛める?!

スクワットや、立ち座りで 『膝がつま先より前に出ないようにしましょう』と指導するケースがよく見られます。 大事なことです。もし膝がつま先よりも前に出ると、膝の関節に負担がかかってしまいます。 階段を降りる時、膝へは体重の …

肩の筋肉を伸ばすだけでは、肩の体操にはならない。

『肩こり予防に良いですよ~~』と言われるこの体操。 では、なぜこの体操が肩こり予防に良いのかご存知でしょうか? 【肩の筋肉を伸ばすから良いのに決まってるやん】 確かにそうですね。 では、なぜ肩こり予防には肩の筋肉を伸ばす …

健康の為に運動しましょうと言われても、運動する気になれない方には。

健康の為に運動しましょう! と言われて、『はいはい!』と運動する気になれます? 普段から身体を動かす習慣がある人は、健康の為の運動に抵抗感ありません。 指導者や提供者側が何もアプローチしなくても、運動に取り組んで頂けます …

わざわざスクワットしなくても大丈夫。転倒予防・介護予防の運動の秘訣。

普段、椅子からどの様に立ち座りを行っていますか? 実はこの仕方次第で、 ●腰に負担をかけて腰痛になる立ち座りになるか ●それとも、腰を守りながら足の筋力を鍛えながら立ち座りが出来るか この分かれ目となります。 良くない座 …

取説扱うようには、人の身体はそう簡単にはいきません。

『椅子から立つときに、片足でやると立ちやすいとテレビか何かで言っていたわ~~』 ???   そのようにお客様が仰って。 疑問に思いましたが、直接その出元を見ていませんし、お客様が断片的に言っているかもしれません …

寝たきりや介護にならない為に、ウォーキングしているだけの方は要注意!!!!

ウォーキングだけでは筋力維持出来ません。 毎日歩いているから、私はきちんと介護にならない為に運動している‥ とは言い切れません。   それは、筋力をつける体操をしていないからです。 歩くことは筋力をつける体操は …

不安や心配を解消し、やる気を引き出すストレッチ

気持ちから解すストレッチの例   身体が硬くて不安な方 運動を行ってなくて自信のない方。 ①なぜ不安なのか? 【硬いから、先生と同じところまで動きが出来ないのではないか?】 なぜ自信がないのか? 【自分だけ出来 …

ストレッチは、まず気持ちをほぐしてから。

前回、ストレッチでは身体は柔らかくならない!とお話しました。 では、どうすれば柔らかくなるのか…。 柔らかくしたいのは、筋肉ではなくて心(気持ち)かもしれないという事。   筋肉が硬いのはその筋肉が緊張している …

ストレッチで身体は柔らかくならない!?

身体を柔らかくするためにストレッチを…と言いますが、やり方を間違えるとそのストレッチが逆に肩や腰の緊張を増幅するかも。   筋肉を傷めてしまう、一層伸びにくくなる恐れもあります。 よく見かけます。 痛いのを我慢 …

職場での健康体操指導なら【こころ・からだ・すこやか体操企画】へ

オフィスで簡単に出来る、肩こり予防の体操はいかがですか? パソコン作業やスマートフォンを長時間行うと、画面に顔を近づけようとします。 そうすると、頭が前に出たり、背中が丸くなりがち。 その状態が続くと、首や肩、背中の筋肉 …

石井健康増進
1 2 »
PAGETOP
Copyright © こころ・からだ・すこやか体操企画 All Rights Reserved.