介護予防・高齢者・健康経営の運動指導や講演会ならお任せください
コラム

体操豆知識

新型コロナウイルスに打ち勝ちましょう!介護予防・防衛体力を上げる椅子リズム体操

適度な強度の有酸素運動は、上気道炎症(いわゆる風邪)のリスクを下げるといわれています。 これは免疫力を上げるという事にも期待できます。 ウイルスが体内に入ったとしても、それに対する抵抗力をつけ、自身で免疫をつけ、症状を出 …

感染症に対して何ができるかを知る

新たな脅威となっている感染症について、運動指導者として・一個人として何ができるか。 感染症についての知識から考えてみたいと思います。 (放送大学教材『感染症と生体防御』より) 感染症を成立させるには3つの大きな要因があり …

身体を守る体力も必要

介護予防教室などで参加理由を尋ねると 『しっかり歩ける・立ち座りできる体力をつけたいから』と言われることがあります。   この体力は『行動体力』と言われています。 『行動体力』とは、筋力や柔軟性・持久力など身体 …

介護予防のリハビリ体操指導のポイント①動作の見せ方

介護予防のためのリハビリ体操 参加者の方が 『安全に』『効果的に』『やる気を引き出して』 取り組んで頂けるためのポイントを、これから少しずつお伝えしていきます。 今回は ①動作の見せ方 参加者が動作を理解するためには、指 …

スクワット『膝がつま先より前に出ないように‥』は身体痛める?!

スクワットや、立ち座りで 『膝がつま先より前に出ないようにしましょう』と指導するケースがよく見られます。 大事なことです。もし膝がつま先よりも前に出ると、膝の関節に負担がかかってしまいます。 階段を降りる時、膝へは体重の …

肩の筋肉を伸ばすだけでは、肩の体操にはならない。

『肩こり予防に良いですよ~~』と言われるこの体操。 では、なぜこの体操が肩こり予防に良いのかご存知でしょうか? 【肩の筋肉を伸ばすから良いのに決まってるやん】 確かにそうですね。 では、なぜ肩こり予防には肩の筋肉を伸ばす …

健康の為に運動しましょうと言われても、運動する気になれない方には。

健康の為に運動しましょう! と言われて、『はいはい!』と運動する気になれます? 普段から身体を動かす習慣がある人は、健康の為の運動に抵抗感ありません。 指導者や提供者側が何もアプローチしなくても、運動に取り組んで頂けます …

わざわざスクワットしなくても大丈夫。転倒予防・介護予防の運動の秘訣。

普段、椅子からどの様に立ち座りを行っていますか? 実はこの仕方次第で、 ●腰に負担をかけて腰痛になる立ち座りになるか ●それとも、腰を守りながら足の筋力を鍛えながら立ち座りが出来るか この分かれ目となります。 良くない座 …

取説扱うようには、人の身体はそう簡単にはいきません。

『椅子から立つときに、片足でやると立ちやすいとテレビか何かで言っていたわ~~』 ???   そのようにお客様が仰って。 疑問に思いましたが、直接その出元を見ていませんし、お客様が断片的に言っているかもしれません …

寝たきりや介護にならない為に、ウォーキングしているだけの方は要注意!!!!

ウォーキングだけでは筋力維持出来ません。 毎日歩いているから、私はきちんと介護にならない為に運動している‥ とは言い切れません。   それは、筋力をつける体操をしていないからです。 歩くことは筋力をつける体操は …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © こころ・からだ・すこやか体操企画 All Rights Reserved.